私がBtoCから手を引いた理由

 

ご来訪ありがとうございます!


このサイトは「やらないなら、娯楽。」が口癖の管理人(@NURIEnote)が、世の中に無数に存在するアレコレは、果たして「成長する種」なのか、はたまた「誰かの養分になるだけの娯楽」なのかを見定めるブログです。


 

第19回目の今日は「私がBtoCから手を引いた理由」

商売をされている方へのメッセージ記事です。

 

このブログを御覧の方はご存じの方が多いと思いますが

 

BtoBは、Business to Businessの略で

企業(business)が企業(business)を対象に行うビジネス形態

 

BtoCは、Business to Consumerの略で

企業(business)が一般消費者(Consumer)を対象に行うビジネス形態

 

私の仕事はこのBtoBで

さらにクライアントもBtoBが対象です。

 

というか、BtoCができないのです。

 

いつからそう思うようになったかというと

17年前の新入社員時代まで遡ります。

 

新卒で入った会社はBtoCでした。

憧れて第一志望で入社したので

内定式では「クビになるまで辞めません!」と宣言。

 

にも関わらず、

2年目で転職を決意しました笑

 

新入社員研修では

「お客様は神様じゃなく殿様だ」と教わりました。

実際そのとおりでした。

 

当たり前といえば当たり前なのですが、

普段接する一般消費者は名乗りません。

 

私の配属されたエリアも関係していましたが

何者かを明かさない殿様たちは本当に自由でした。

 

今も、業者さんに電話するときは

必ず電話担当者の名前を聞きます。

それをするのとしないのとでは対応が違うからです。

 

名乗る=責任を持つ なんですね。

 

だから素性の知れない人とは

仕事をしたくありません。

 

話を戻しますが、

 

正体不明の人の相手は疲れます。

 

言い返さないとわかって無理難題を言ってくる人、

面倒くさいんです。

 

お店に来ても

別に商品は欲しくないんでしょう。

 

入場は無料だし

退屈だから暇つぶしに来ているんです。

 

私は娯楽の相手をしてるのか……

 

世の中には想像をはるかに超えた人がいると

社会勉強をしながらも、

 

この理不尽さに耐えるだけの対価(給与)はもらってないよな

 

と気づいて、転職を決意したんです。

 

とはいえ

やりたい仕事もありませんでした。

就活もこの会社一筋でしたから世間を知りません。

 

だからどんな仕事でもよかったんです。

何でもいい何かを積み重ねたい。

 

ただしBtoC以外に限る!

これだけは譲れない条件でした。

 

何の実績も出せていない新入社員ですし

相談できる人もいませんでした。

 

そんなとき会社から資格取得の通信講座の案内が配布され、

どうやら会社の補助も出るらしい!やってみたい!

 

喜んで飛びついたのは同僚や同期のなかでも私だけだったようで、

他に申し込んだ人を知りません。

 

孤独な闘いが始まりました。

 

「これが受かったら、辞めよう」と勉強を始め、無事合格。

とりあえずの自信がつき、資格手当も増えました。

 

何より、誰かが娯楽で浪費している間に、

ひとりでコツコツ学ぶことの愉しさを味わえたのは大きな収穫です。

 

残念ながら、その後の転職先では

その資格(マーケティング関連)で手当が付くことはありませんでしたが

巡り巡って今の自分に活かされているので問題なし。

 

今ならわかるけど、

20代前半ならそこまでビビらなくても

転職のハードルは高くないんですよね。

 

それにね、惰性で働く方が失礼なんです。

 

会社側は相当リスクとって雇用してる訳だから

給与もらいながら文句言うのが一番ださい。

 

あと、

従業員にとってのお客様って雇用主だから

雇用主を喜ばせるためにどうするかを考えるべきで、

 

消費者相手に神経すり減らしていたのが

大きな間違いだったように思います。

 

BtoCでも会員制とか、

免許証チェックするようなところだと

全然環境は違うでしょうけどね。

 

私はBtoBから離れたくありません。

 

念のために書いておきますが

BtoCで働いている人を否定するつもりはありません。

 

私にはどうやっても続けられなかった仕事なので、

前向きに従事されている方を尊敬します。

 

BtoCで絶望している方は

それは能力どうこうじゃなくて合わないだけだから

BtoBへささっと軌道修正しましょうね、という話です。

 

やらないなら、娯楽。