遠くにある仕事への幻想

 

ご来訪ありがとうございます!


このサイトは「やらないなら、娯楽。」が口癖の管理人(@NURIEnote)が、世の中に無数に存在するアレコレは、果たして「成長する種」なのか、はたまた「誰かの養分になるだけの娯楽」なのかを見定めるブログです。


 

第21回目の今日は「遠くにある仕事への幻想」

商売をされている方へのメッセージ記事です。

 

今週は出張が2回あります。

 

行ってしまえば

そこでしかできない経験があり

良かったなぁと思うのですが

 

いつも通りの日常が乱されるようで

実は憂鬱に感じていたりもします。

 

私は都会に住んでいるので

新幹線までの距離は近い方。

 

それでも往復の交通時間や労力はかなりのもの。

忘れ物チェックして

天気チェックして、あぁ服どうしよう。

 

会いに行くより会いに来て欲しいのが本音です。

 

数年前は出張に行く自分が

なんだかカッコいい!

遠くから呼んでもらえるなんて嬉しい!

なんて勘違いしていました。

 

自分のお金以外で

旅をさせてもらえている気分になれるから。

(こんなの絶対言えませんが!)

 

実際ね、旅でもなんでもないです。

 

食事をごちそうされたり、お土産いただくことはあるけど、

目的地を往復していることに変わりない。

 

家から往復10分のクライアントと1時間話すのと

家から往復300分のクライアントと1時間話すの、

提出する仕事は同じです。

 

家で290分自由に使っていいよと言われたらどうします?

料理して食べて、片づけて、ジム行って、お風呂入って、スキンケア。

さらにマッサージもできちゃいます。

 

それが0になって

ジムとマッサージは諦めることになり

簡単な料理と慌ただしいお風呂に変わる。マイナスです。

 

そんな代償を理解したうえで

290分の移動をしてでもやりたい仕事か?を

常に問うようにしています。

 

それでも、昔の私を含め多くの人が

遠方の仕事、に価値を感じてしまうのは

何故なんでしょう。

 

答えは3つあって、

 

1つ目は、

決して安くない交通費や宿泊費を負担しても

依頼したいと思われたことが嬉しいから。

 

2つ目は、

商圏が広がるから。

 

実際に「A県で実績あり」といえば

A県の方やその周囲の県の方は反応しやすくなります。

でも、A県の仕事ばかり取るならA県に住めばいい話。

 

請ける仕事がA県N県G県R県A県……と様々なら

しんどいだけでメリットないですよね。

 

支店や営業所がないのに全国対応を謳うところは多いですが

高額報酬かつ大人数でないと体力がもたないでしょう。

高額で交通費や宿泊費も負担するなら、近くで探しますよね?

 

依頼があれば全国どこへでも伺います、は

やっぱり効率悪いです。

 

まずは自分の住んでいる地域を攻める。

その地域のターゲットを全て取れたら、隣の地域を狙う。

 

そうやって徐々に広げていけばいいんです。

 

そして3つ目は、

可能性の勘違いです。

 

500km先にあるクライアントに

自分の仕事が役立ったら

 

半径500km圏内のすべての人にも

いつでも役立てる!と

錯覚するのではないかと思うんです。

 

500kmの移動が当たり前だから

200km先から呼ばれても余裕だな、って。

 

実際途中下車して飛び込み営業したって

玉砕するのは目に見えてますけれどね。

 

普段の風景を抜け出せば

宝が眠っているような感覚になるのかな?

 

遠いことに価値はありません。幻想です。

 

移動時間増やして商圏変えて辟易するより

地域に愛される人になったほうが価値があります。

 

貴重な時間を軽々しく移動に使わない。

貴重な身体を移動で体力消耗させない。

 

いかに労力をかけずに総資産を増やすか、です。

 

遠くの人より目の前の人を喜ばせましょう。

 

やらないなら、娯楽。