迷ったらいばらの道へ

 

ご来訪ありがとうございます!


このサイトは「やらないなら、娯楽。」が口癖の管理人(@NURIEnote)が、世の中に無数に存在するアレコレは、果たして「成長する種」なのか、はたまた「誰かの養分になるだけの娯楽」なのかを見定めるブログです。


 

第22回目の今日は「迷ったらいばらの道へ」

成長したい方へのメッセージ記事です。

 

毎日、起きてから寝るまで選択の連続です。

 

淡々とやる家事も、悩む仕事も

無意識に手が動いてるようだけど

 

次にどれを選んだらうまくいくかを

脳が判断しているのでしょう。

 

今までの経験と、目の前の状況を考慮しつつ

上行く?下行く?右行く?左行く?それとも斜め?

 

瞬時に選択した先にある体験を

瞬時にさせてもらっています。

 

たまに、右行ったけど左のほうが良かったな、

なんて学習もするのですけども、

 

基本的に「いま私選択してるなぁ!」と思ってない

無意識の行動はそのときのベストチョイスなんです。

 

じゃあ

「いま私選択してるなぁ!」と思っている状態とは

ベストチョイスの自信がないとき。

 

だいたい「いま私選択してるなぁ!」という言葉にはならないですね。

一般的にこれを「迷う」といいます。

 

迷う時間は少ないほうがいいに決まっています。

時間は有効に使いたいですよね。

 

即決してその決断に責任を持つ。

 

私は重要じゃない選択で迷ったら

左右なら右、上下なら上と決めています。

 

どっちに曲がってもいい分かれ道は右へ行くんです。

外食のメニューでどれも美味しそうだったら

上に書いてあるものをオーダーします。

 

左に曲がっても目的地には着くだろうし

下のメニューも美味しいだろうけど

両方は選べないですから。

 

時間優先なのでササっと決めて次のことを考えたい。

 

そんな私ですが

迷って結論を先延ばしにしてしまうこともあります。

 

で、喝を入れていただいた言葉がタイトルの

迷ったらいばらの道へ、なんですね。

 

「正解が既にわかってるから迷う。

 基本的に人間は怠けたい。

 だから正しい方を避けたくなる。」

 

と今日お会いした経営者がおっしゃったんですね。

 

迷ったときの正解は困難なほう……

 

いい言葉。

納得するしかないです。

 

その困難で自分が成長できると

頭でわかっているから迷うんですよね。

 

そもそも役に立たない

成長に繋がらない困難だったら

迷うことありません。即却下。

 

これまで

迷うときは両方に価値があるように感じていました、が

違うことが判明してしまいましたね。

 

成長は価値だけど、怠けられるは価値じゃない。

 

迷うときは両方に魅力があるように感じていました、が正解だな。

 

成長できることは魅力です。

積み上げた知識や経験は誰にも奪えません。

 

同時に、

 

怠けられることも魅力です。

心身を休ませられます。

 

どちらも生きていくうえで必要なことでしょう。

 

ただ、心身を休ませ続けている間に

知識や経験を積み上げている人がいることは

知っておかないとね。

 

364日怠けて1日成長する人と

364日成長して1日怠ける人では

同じ時間を生きているけど

365日後に差がつくのは当たり前。

 

誤解ないようにして欲しいんだけど

汗水たらすことイコール成長じゃないんです。

 

同じことのルーティンは

たとえ汗水流れていても怠けですよ。

 

成長とは経験から学び、頭を使うこと。

トライ&エラーを繰り返しながら

価値あるものを生み出すこと。

 

迷ったらいばらの道を選んで

昨日より1ミリでもできることを増やしましょう。

 

やらないなら、娯楽。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です