時間通りに到着するメリット

 

ご来訪ありがとうございます!


このサイトは「やらないなら、娯楽。」が口癖の管理人(@NURIEnote)が、世の中に無数に存在するアレコレは、果たして「成長する種」なのか、はたまた「誰かの養分になるだけの娯楽」なのかを見定めるブログです。


 

第33回目の今日は「時間通りに到着するメリット」

商売をされている方へのメッセージ記事です。

 

アポイントが決まったら

一番大事なのは時間に遅れないことです。

 

何をいまさら。というようなことですが

今日はこれについて書いてみたいと思います。

 

時間を守れないのは約束を守れないってこと。

待たせた時間は相手に損害を与えているのと同じ。

 

時間を守れないと、

マイナスからのスタートになっちゃう。

 

当日、どれだけいい話ができても

「この人本当に信用していいのかな」と

不安を抱かれるはずです。

 

期待以上でもプラスマイナスゼロ。

期待以下ならマイナスのまま。

 

それに、こちら側としても

遅刻した負い目があるので

フェアな立場で話せなくなります。

 

そこは切り替えるべきなんでしょうし

メンタルのテクニックもあるようですが

 

凡人の私は、うまく切り替えられないし

堂々と主張できなくなります。

 

たぶんグダグダ。

 

だから

遅れた時点で負けだと思っています。

何があっても、時間通りに着く。

 

と、

 

まぁ、

 

こんな偉そうに書いておきながら……

 

実は私、

たくさんの失敗経験があるんです。

 

遅刻したくて遅刻する人はいません。

 

でも今振り返ってみると

スケジュールも余裕がなく、

移動時間の計算も甘かったと思います。

 

なにより自分を過信していたんですよね。

 

そんな早く起きれないって。

そんな早く歩けないって。

そんな早く仕事できないって。

 

諦めも肝心。

できない自分を認めるしかなく

できない自分はどうすればいいかを考え今に至ります。

 

何回も消えたくなるほど失敗して反省したので

時間通りに着くのが

当たり前と思ってないんですよね。

 

だから

予定時間に着くだけで「やった!」

もう既に勝った気分。

 

そもそも、

打ち負かすために行ってるんじゃないけど笑

 

「今日の仕事、絶対うまくいく!」って

無条件の安心が得られるんです。

 

この安心感が、

きっと能力を後押ししてくれるんですよね。

 

だから早く寝て、

充分な休養と栄養を摂り

余裕を持ったスケジュールにすること。

 

時間を作りたいなら娯楽を捨てる。

キャパオーバーなら仕事を断る。

 

できないことをできないと言うのは

別にいいじゃないですか。

だってできないんですから。

 

良くないのは

できると言ってできないことです。

 

約束を守らないのが一番の悪です。

 

断る。自由があるのも自営業の特権と思います。

 

時間に遅れて自らハンデを背負うなんて

もったいないと思いませんか。

そんな仕事愉しいでしょうか。

 

まずは自分が自分の無理のないペースを知る。

そのペースに合わせて仕事をしていけば

ストレスに晒されることはありません。

 

高いパフォーマンスが発揮できれば

クライアントも満足します。

 

繰り返しになりますが

「できない」は悪じゃないですからね。

 

やらないなら、娯楽。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です