ツイッター備忘録 2018年8月27日~9月6日

 

ご来訪ありがとうございます!


このサイトは「やらないなら、娯楽。」が口癖の管理人(@NURIEnote)が、世の中に無数に存在するアレコレは、果たして「成長する種」なのか、はたまた「誰かの養分になるだけの娯楽」なのかを見定めるブログです。


 

第40回目の今日はツイッター備忘録です。

アップ期間:2018年8月27日~2018年9月6日

 


iHerbで買ったプロテインが全然溶けず、毎回咽ながら無理して飲んでいた。「失敗!匂いも味も苦手!次は違うの買う!」と誓いながら…

しかし今日、水だとすんなり溶けることを知る。そして飲みやすくなると匂いも味も気にならないから不思議

味より、まずは飲みやすさ
技術より、まずは使いやすさ

 


【キチンとした服が好き】ジム以外は、ストッキング+スカート+ヒールで出かけることが殆ど(足が痛くなった時用にペタンコ靴も持参)これの何がいいかって、結局メイクが適当って訳にはいかなくなって、背筋も伸び、ダラダラ歩けない。

強制的に部分は全体を包括させられるから、まず1つ決めてみる

 


【思い込みが現実を捻じ曲げる】

デキる女性に素爪はいない(と信じていた)し、
ジェルネイルは余裕の証だと思い込んでいた

それが5年ほど続き、やめて1年…

ハンドクリーム&手袋で寝る程度だが、
飾るよりベースを磨くことに喜びを感じる

で、冷静に周りを見渡すと、みんな素爪という事実

 


大切な美術品はいい状態を保ちたいから安易に外部へ晒さない。紫外線や湿気を避ける。自分だけが価値を分かっていれば良くて、所有そのものが嬉しいから誰かに言う必要もない。美術館ができるレベルまで突出したコレクターは別格だし、むしろ展示の需要があるが、基本的に美術品はひとりで愉しむもの。

 

私は部屋着というものを持ったことがない
半年前にジャージ(ジム用)を初めて買ったけど家では着ない
くつろぐための二軍服にお金を出すなんて考えられない

最高に気に入った服だけを少量買い、着倒して売る
その方がコスパいいから

あと、外出しない日も化粧する
誰に見られてなくても自分が見てる

 

仕事は恋愛だと思ってる。契約したら本気で相手の幸せを願う。自分の主張は必要だが、考え方の違いも尊重して良い関係性を保ちたい。それが苦でない相手だけを選ぶ。

契約前から方針や条件が合わないと嘲笑い、散々不愉快にさせてからラブレター(見積書)送ってくるとかツンデレの極み?振るけどね♡

 

すっかり忘れていた思い出の場所を偶然通ることになった。廃れた街並みと歳をとった自分。時は確実に流れているのだな。

当時の私に言いたい。
「そんなもの悩みのうちに入らない!」
「もっとチャレンジしろ!」
「親を大切にしろ!」

次ここへ来るときは、未来の私は今日の私に何と言うのだろう。

 

ジム通いに加えて、移動の帰りはヒールからペタンコ靴に履き替えて2駅歩くのがデフォルト

学生時代は体育が嫌いでサボってばかりだったけど、今は生涯使える学びだったと感謝してる。運動習慣はお金で買えないものを与えてくれる

大人は意識して運動時間を確保すべし!

 

デパートの化粧品カウンターで買い物したとき

「どこか変なとこないですか?」

今のメイクが流行や年齢に合っているか

必ず聞くようにしている

普段、誰も指摘してくれないからね

耳の痛い提案もあるけど

プロの話は素直に聞いて

受け入れと反映を繰り返している

自分から意見を求める癖は必須

 

広告は

「仮説→大量のテスト→分析→仮設→大量のテスト」で作られる。

コンセプト?コピー?画像?レイアウト?

反応が悪くなれば戻しつつ、

ただひたすら改善点を探る地道な作業。

すぐにそこそこの結果が出て喜ぶ人いるけど

なにが効いてるのか把握できていないなら

その先には行けないよ。

 

無料だからとセミナーに行く人が理解できない。開場費も人件費もタダではないんだよ。勧誘を逃れられても当然リストとして残り、客層も最悪
情報収集が目的なら有料の、それもできるだけ高額のものを選ぶべきだ。必要な対価を払っているから遠慮なく質問できるし、勧誘されても堂々と断ることができる

 

以上。10日分でした。

 

とにもかくにも継続すべし。

 

やらないなら、娯楽。