夢を叶える勘違い

 

ご来訪ありがとうございます!


このサイトは「やらないなら、娯楽。」が口癖の管理人(@NURIEnote)が、世の中に無数に存在するアレコレは、果たして「成長する種」なのか、はたまた「誰かの養分になるだけの娯楽」なのかを見定めるブログです。


 

第58回目の今日は「夢を叶える勘違い」

お金についてのメッセージ記事です。

 

いつも買い物をするスーパーの帰り道は

ちょっと遠回りしています。

 

別に暇ではないんですけどね。

余程時間ないとき以外は

その遠回りルートがお約束になっています。

 

遠回りした先にお店があって何かを買い足す訳でも

会いに行く人がいる訳でもないんです。

 

ただ、お目当ての観光スポットがありまして……。

 

観光って言っても、

個人的なものなんですけどね、

 

ハマー(アメ車)が駐車してあるマンションがあって

そのハマーを見るのが日課。

 

いわゆる高級車のなかでも私が惹かれるのが

ディフェンダーやハマーのような力強い車でして

 

何をする訳でもなく

ただただ美術品のように眼福にあずかって

ニヤニヤしながら帰るだけ。

 

そんなに好きなら買えばいいんでしょうけど

車の所有欲がないもので、

拝めるチャンスがあれば拝みたいな、と。

 

このニヤニヤできる対象が

低価格帯の車じゃなかったのは幸いだと思っています。

 

低価格帯の車が悪いと言っているんじゃないですよ、

小回りがきいて運転しやすいから

私もレンタカーで乗ることがあります。

 

そういう実用的なことじゃなくて

 

年収を上げたいなら、「年収の高い人がいる世界」を

意識して定期的に見るべきという考えがあって

 

できるだけ年収の高い人が好むものを

自分の目で見る機会を作っているんですよね。

 

大好きなハマーを見ながら

マインド作りもできて一石二鳥。

 

それに、

六麓荘とか口開けて見るしかできないですが

 

近所でハマー見かけると、

そんな遠い存在じゃないんだなって(実態は知らないけど)

ニヤけたりできるんです。

 

見たこともなく遠い存在だと思っていたら

自分には絶対手に入れられないものって

自己暗示かけちゃうんですよ。

 

だから、

へぇ~こんなもんなんだ~って

ニヤニヤするのがポイント。

 

こういうマインドは地道に育てていかないと

積み上げ思考を抜けられないのでね。

 

お金の話とは違いますが、

私も14年前に異業種からデザイナーに転身できたのは

デザイナーの人に出会えたからなんです。

 

大昔はデザイナーになりたくて勉強していたんですが

身近にデザイナーはいなかったし、

そんな夢を叶える人なんて一握りなんじゃないの?と

 

今考えたらおかしいんだけど

宇宙飛行士と同じレベルに感じられて

勝手に諦めて方向転換した過去がありました。

 

就活を終え、内定先でアルバイトすることになったとき、

配属先にいたアルバイト(フリーター?)の方が

前はデザイン会社で働いてた、と言ったんです。

 

男前で服もおしゃれで、センスも良くて

仕事も要領よくこなして、カラオケもうまくて

私にないものいっぱい持ってる人だったけど

 

この人がなれたんなら、私もなれるんじゃないか。

 

もう別業界で就職も決まっていて

デザインのこと何も知らない自分の立場を忘れて

一筋の光が見えたような気がしたんです。

 

勝手に可能性を感じただけで

実際はおこがましい勘違いに過ぎないんですが

 

その勘違いから行動する勇気をもらい、

結果として今があるんですよね。

 

よく成功者に会いに行きましょう、とか

そういう自己啓発がありますが、

 

あれって成功者も同じ人間で、

決して雲の上の人じゃないってことを

確かめるためでしょう?

 

それをスーパーの帰り道に追加して

習慣にしてるだけです。

 

ハマーに限らず、自分にはこれからも

存分に勘違いさせてあげたいなと

思っています。

 

やらないなら、娯楽。