アイデアはどこから来るのか

 

ご来訪ありがとうございます!


このサイトは「やらないなら、娯楽。」が口癖の管理人(@NURIEnote)が、世の中に無数に存在するアレコレは、果たして「成長する種」なのか、はたまた「誰かの養分になるだけの娯楽」なのかを見定めるブログです。


 

第56回目の今日は「アイデアはどこから来るのか」

商売をされている方へのメッセージ記事です。

 

来週、自宅から4時間くらいかかる場所への

出張が決まっているのですが

 

そこでの提案内容を先月から考えていて

いくつか候補をまとめていました。

内容としては主に3つ。

 

だったのですが、

 

先週の別の出張の合間に

たまたま立ち寄った錦糸町の星乃珈琲店で

新たなアイデアが浮かんで

 

アドレナリンが止まらない……!!!

 

早速ご提案の4つ目として

お伝えすると先方も好感触。

 

これはいける、と手ごたえを感じつつ

興奮で感情が高揚しまくりでした。

 

この、天から何かが降ってきたような瞬間から

一気に物事が進んでいくのが

たまらなく好きなんですよね。

 

今、その資料を作ってるんですが、

いろいろなデータを調べても

勘は外れてなかった様子。

 

あまりの順調具合に

よくやった私!

 

なんて自画自賛していますが

プレゼンは来週なので

まだまだ気を引き締めないといけません。

 

こんな風に、意図的にアイデアが出せるよう

自分をコントロールできればいいんですが

 

残念ながら再現性が低いので困ります。

 

ただ、こちらのTED動画によると

 

「良いアイデアはどこで生まれる?」

スティーブン ジョンソン

 

ふむふむ、やはりカフェインはいいらしい。

いや、別にカフェインを摂ろうという話ではないんです。

 

アイデアが生まれる瞬間を表現する言葉は

「閃光が走る」 「脳天を打つ」 「神が舞い降りる」

「ひらめいた!」 「光が灯る」 など豊富にあって

 

いずれもアイデアは単独で存在しているかのよう。

 

そうじゃなくて、

 

既に手にしているこれまでの知識や経験が

点として無数に存在し、

点と点が繋がって線になり面になる。

 

これがアイデアであり、

今までなかったものが

いきなり出現する訳ではないんだそう。

 

GPSができたきっかけが食堂での雑談にあった話もあり

非常に興味深かったです。

 

実は今回の私のアイデアも

 

すっかり忘れていた3年前に手掛けた仕事と

すっかり忘れていた2年前に得た情報の組み合わせが

今回の仕事に役立つかも、と気づいたところから始まっています。

 

娯楽は勧めませんが、いろんな経験をして

たくさんの「点」を持つようにしないといけませんね。

 

嬉しい収穫ではありましたが

4時起きだった出張の合間で

ようやくとれたケーキセット堪能タイムだったはずが

全然ゆっくりできませんでした笑

 

幸い星乃珈琲店は近所にもあるので

いつでもゆっくり食べに行けばいいんですがね。

 

やらないなら、娯楽。